2017年

3月

22日

当社ダイヒロのベトナム財布工場が元気な理由

今月はベトナムの財布工場の様子を見に来ています。

今日、出勤している財布職人達は、総勢約60名。

産休で休んでいる者、2名。
元気に出勤している妊婦が4名。

ダイヒロのベトナム財布工場は出産ラッシュです。

ちなみに他の工場では、産休明けに職場復帰する人は
あまりいませんが、当社の社員はほとんど職場に戻ってくれます。

といいますのも、当社は出産前後の半年間、
お給料を支給しているのです。

そういう事をしている工場は、ベトナムでは極めて珍しいようです。

ベトナムは若い!

9,000万人以上の人口と、28歳と平均年齢が若い。(2014年、ベトナム統計総局)

ベトナムの労働コストは中国、タイ、マレーシアなどのASEAN 諸国と比べても
非常に安価でかつ、特徴として一般的に勤勉で手先が器用。

また全人口の64%程が40歳未満(2014年、ベトナム統計総局)であり、
非常に豊富な労働力があります。

多くの日系企業は、ベトナムの人材に関して、

●賃金の上昇
●ストライキの発生
●優秀な人材の確保

という主として3つの課題を抱えているようですが、
有難いことに当社では今の所、そういう問題はありません。

これからも社員とその家族も含め、
大切に育て、守っていってあげたいと考えています。



東京とベトナムで、高品質な
財布・革小物を作る工場を経営している
伝統と高い技術の財布職人集団

有限会社ダイヒロ 
代表取締役 井戸啓晶