2016年

5月

18日

良い財布と、そうでない財布の違い

財布作りの私の師匠である先代の父は、

道具に対する見立てや作成も名人級でした。

 

R定規や、刃物、木型など、ほぼ全てのサイズや形が揃っていて

既製品に無いものは自作します。

 

先代の自作品と、私が作ったオリジナルの道具の数を合わせると

間違いなく、財布作りの道具としては日本一の数です。

 

ですので東十条の財布工房は、さながら財布博物館のようです。

 

先代から受け継いで、今も気に入っている財布作りの道具に、

写真にある、大理石の作業台があります。

 

この大理石の硬さが力の反発を絶妙な加減にしてくれて

皮の接着が完璧にできるのです。

 

ただし、叩き方を、間違えると大理石の台は割れます。

 

叩きからの力加減や、角度にもコツが要るんです。

 

職人は道具が命と言えば、私が若い頃、

板前修行をしていた時期もあるのですが、

腕の良い板前はやはり、当たり前に道具を大切にしています。

 

私の行きつけの東十条の蕎麦茶屋「和久」も一流です。

 

http://www.sobaya-wakyu.com

 

素材の鮮度はもちろん、包丁の入れ方が違うのか、

とろけそうに美味さです。

 

「良い財布はと、そうでない財布の違いは・・・?」

 

よくそんな質問を受けますが、プロの目から見れば、

良い財布は細部まで美しく、色香が漂っています。

 

プロの職人の仕事は、上手い、美味いだけではダメなのです。

 

そこはかとない美しさがなければ、それはプロの仕事とは言えません。

 

 

ベトナムで唯一日本人が経営する

高品質・安価な財布・革小物工場

有限会社ダイヒロ 

代表取締役 井戸啓晶