2016年

4月

22日

国産ブランドの高級サイフの需要

ベトナム・ホーチミンの財布工場が、拡張工事を終えて

広くて綺麗になりました。

 

財布の生産能力も生産効率も、格段に向上し

コストパフォーマンスが高くてロッドの多い

財布の製造ラインがフル稼働中です。

 

そんなベトナム工場を離れ

現在の私は、2月から日本(東京・東十条)の財布工房で、

日本国産ブランドの高級サイフをコツコツと作り続けています。

 

久しぶりの長期日本滞在中なのですが、その間、

日本の財布メーカーや商社に挨拶回りに行って実感したのが、

国産ブランドの高級サイフの需要の多さです。

 

最近は日本中で海外からの観光客が増えていますが

彼らがデパートなどで、日本製の質の良い財布を買っていくようですね。

 

当社には 財布職人の天才と言われた先代(父)が残してくれた

ブランドイメージ 財布製造の機械 財布職人の道具 そして

財布職人に必要な知識と技術があります。

 

今こそこの天才財布職人の親父が残してくれた

資産全てを活かして、日本の財布文化を発展させたい。

 

そのための設備や環境、人員も、日本、ベトナム共に

いよいよ整ってきました。

 

今後の展開にワクワクします。

 

ベトナム工場立ち上げ時の一番苦しい時に

助けてくれた全ての方々に、心から感謝です。

 

本当にありがとうございました。

 

今後も当社が世に出していく、職人魂を込めた財布に

是非ご注目ください。

 

 

 

 

ベトナムで唯一日本人が経営する

高品質・安価な財布・革小物工場

有限会社ダイヒロ 

代表取締役 井戸啓晶

 

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    Pamula Casado (木曜日, 02 2月 2017 02:35)


    Thanks for the good writeup. It if truth be told used to be a enjoyment account it. Glance complex to more added agreeable from you! However, how can we keep in touch?

  • #2

    Brianna Gibby (金曜日, 03 2月 2017 13:36)


    Hello! I just wish to offer you a huge thumbs up for the excellent info you've got here on this post. I will be coming back to your web site for more soon.