ベトナム・ホーチミンで信頼出来る財布・革小物工場を見つける方法

中国で約15年、財布・革小物工場し、その後ベトナムのホーチミンに

拠点を移して約5年・・・

 

正直、海外に工場をゼロから設立し、人材や品質を維持確保することは

決して簡単な仕事ではありませんでした。

 

お客様の立場で考えれば、より安く、より早く財布や革小物を作れる

工場を見つけたい気持ちは理解出来ます。

 

しかし現実は、品質・価格・信頼性を高いレベルで保持している工場は

そうはないはずです。

 

そこで海外生活が長い工場経営者の立場で、信頼出来る工場を見つける為の、

経験者だからこそ痛感している重要なポイントをお伝えします。

 

まず、海外で工場を立ち上げる際に、絶対に外せない重要ポイントの

1つが、現地人のパートナーシップです。

 

当社のベトナム工場を任せている責任者のHUYNH QUOC TRUNGとは、

奇跡的に出会えましたが、この男は人を裏切るということは絶対にしない男です。

 

もう完全に家族の一員としてここまで育て、任せてきました。

 

こういう存在がいない工場は危険ですね。

先ずは現地人の責任者の人間性をチェックしてください。

 

ここが脆いと、その組織力も脆く、崩れやすい筈です。

 

次にポイントとなるのが、経営責任者の立場のものが

現場に張り付いているかどうかです。

 

現地の現場を部下に任せっきりで工場は、マネジメントが行き届きにくく

管理も不安です。

 

立ち上げ時の初期段階は特にそうですが、経営者の国籍が何であれ

腹をくくって現地に張り付いている工場が信頼に値します。

 

私も月のほとんどの時間をベトナム・ホーチミンで過ごし

工員と一緒に財布・革小物をセッセと作っています。

 

商品には細部にわたって、職人の想いというか、魂みたいなものが

宿ると本気で考えています。

それは財布の品質にも繋がる話でもあります。

 

だから私は、この見えない力の存在が、工員全体に伝播するまで

この生活ペースを続けるつもりです。

 

 

ベトナムで唯一日本人が経営する

高品質・安価な財布・革小物工場

有限会社ダイヒロ 

代表取締役 井戸啓晶